解決事例・数次相続(弁護士の場合)

Pocket

MP900382662

 

※守秘義務の観点から、内容は、実際の事例とは適宜変えてあります。

この度、母が遺言書を残さず他界したため、母の子である私たち兄弟で集まり、遺産分割について話し合いました。その話し合いの中で、先に亡くなった父の遺産について、きちんと遺産分割をしていなかったということがわかりました。

父が他界した当時、子供たちは全員独立して別に家族がありましたので、なんとなく、母に任せて、特に遺産分割協議などということをしていなかったのです。

そのため、どのようにしてよいかわからず、こちらの弁護士さんに相談しました。そうすると、これは数次相続という問題であると教えてもらい、今から、父と母の相続人である、私たち兄弟全員で遺産分割協議書を作成すれば、父の遺産も含めて解決できると教えてもらいました。

その後は、兄弟で話し合った内容を、弁護士さんに報告し、その内容を記載した遺産分割公正証書というものを作ってもらいました。

おかげさまで、無事に登記も父から兄に移すことができ、兄弟全員が納得できる内容で解決をすることができました。よくわからないまま、放置せずきちんと専門家に相談して解決してもらったので良かったと思っています。

人気のWebコンテンツはこちらです

お気軽にお問い合わせください