赤字会社の事業承継の注意点

Pocket

sozokukaiketsu_image_20140201

 

 「うちは赤字だから、株価の心配はないだろう」と油断している企業も多いと思います。

実際に問い合わせ頂いた企業の例です。

その会社は100年以上の歴史がありますが、ここ数年は赤字続きです。

社長は役員報酬を取らずに、何とか会社を支えてきました。

 

 ところが、保有する店舗や工場などの不動産の価値が、購入時よりも大幅に上がっていたのです。会社にはお金はほとんどない状態にも関わらず、土地の含み益が自社株の評価を押し上げていました。

このように、赤字企業でも株価が上がってしまう場合があるので、工場など古い資産をお持ちの場合は、注意しなければなりません。

 

赤字だから大丈夫というのは間違いです。

安易に大丈夫と決めつけるのではなく、まずは現状分析をすることこそ最も重要なことです。

大丈夫と決めるのは、その後からで遅くはありません。

人気のWebコンテンツはこちらです

お気軽にお問い合わせください